もう髪がなくなっていても大丈夫?

大分髪が後退していて、もうAGA薬剤を試してみても手遅れではないか、という人もいらっしゃるかもしれません。でも諦めないでください。AGAの治療は、髪の根本原因からしっかりアプローチして、頭皮の血行を促進して、髪が生えやすいサイクルをつくっていくものです。またAGA治療のもう一つのポイントとしては、病院で自己診療となりますし、長期に渡る治療が必要なので、その治療が継続できるかにもよります。

むしろ、AGA治療において、または髪を植毛するということにおいても、薄毛が進行しているというのは好都合のところがあります。すこし薄くなり始めた辺りでは、これから薄毛がどのように進行していくかわかりませんが、ある程度薄くなり、その状態がある意味、安定している状態では、AGA治療が効果があったら、全体的にバランスよく生えてきますし、効果がなくても、植毛という選択肢があるからです。

植毛するにしても、その回数は限られているので、もうこれ以上生えてこないという部分に自然に植毛していかないと、全体的にアンバランスになってしまい、きれいな仕上がりになりません。

最近は若くして薄毛になり、AGA治療を始める人が多くなっていますが、AGA治療というのは、これからずっと続けていかなくてはならないし、ホルモンがアンバランスな若い人は、薬剤が利用できないことがありますので、具体的には病院でケースバイケース、しっかり個人相談をしたほうがいいでしょう。

このサイトについて

将来の見かけに大きな違いがある、AGA治療

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。