若い人でもAGA治療ができる?

ティーンエイジャーの男性の方は、フィナステリド系の薬が残念ながら利用できないのです。その理由といえば、このプロペシアはジヒドロテストテロンの生成を抑止してしまうので、胎児だと性器の未発達を引き起こす、つまり奇形になってしまって、生殖能力を失ってしまうこともあるといいます。これは動物実験で起こったことなのですが、それゆえに10代の若者はまだ成長中ということで使用を禁止されています。

そして、AGA治療というのは、実際にはかなり長いおつきあいになってしまうということです。薬によって改善された脱毛、そして育毛効果は、実際には薬の服用を止めてしまったら元に戻ってしまうのです。それならずっと継続的に薬剤を使用しなければならず、かなりの費用がかかります。

また、どうしても髪の毛が欲しいという人のためには最後の手段として植毛がありますが、これも実際のところは若い人には向いていません。なぜならば、植える部分に限らず、植える髪を取る部分も将来薄毛になるかもしれず、その植毛回数は限られている為です。

将来の薄毛の進行を考えると、この選択もベストではないようです。ですから、まずは様子をみて、薬剤や植毛などを安易に決めないようにしましょう。費用もかかるので10代、20代のあなたにはやはり難しいのではないでしょうか。

このサイトについて

将来の見かけに大きな違いがある、AGA治療

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。