AGA薬品が利用できない人

女性が基本的に利用できないプロペシア。その理由は、もし将来、子供を産む、妊娠することがあったら、プロペシアによって大事なホルモン生成が阻害されてしまい、ジヒドロテストテロンの供給が不十分になるからです。もし男児を妊娠した場合、男児に必要なこのホルモンが十分にないと、奇形が生じる可能性が指摘されており、若い男性にも同じ原因から使用が禁止されているのです。

また、このプロペシアよりも用量が多いプロスカーという薬剤がありますが、このプロスカーは輸入もので、そして1日の使用量が5回分が1錠になっているので、分割して使う必要があるのですが、この成分に触れただけでも人体に影響があるといわれています。家庭に小さな子供や妊娠中の女性がいるときは管理は厳重に行なわないといけません。

そして、AGA薬品のなかでもミノキシジルは、もともと内服薬は日本では認可されていないものの、日本でも輸入で手に入れることができます。そしてこの薬は、もともと高血圧の人に使われるものですから、体質によってはまったく向かず、その上内服薬では様々な副作用が報告されているといいますので、服用にはかなり慎重にならざるを得ません。これらの薬剤にはリスクが伴うということをよく知っておいたほうがいいでしょう。

このサイトについて

将来の見かけに大きな違いがある、AGA治療

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。