なぜAGAにジェネリック?

実は、AGAの治療に効果があるという、フィナステリド薬剤、つまり日本ではプロペシア、プロスカー、で知られている薬剤は、インドでも製造されて、フィンペシア、フィンカーという名前で知られています。またミノキシジルではロニテンという内服薬で、ジェネリックではミノキシジルタブレットなどがあります。

基本的に、これらの薬剤はアメリカで開発され、まだ特許があるので、ジェネリックの製造ができないのですが、インドの法律では、もし薬を製造する場合、別の製造工程を経ていれば、特許薬をコピー製造することは違法ではないということになっており、その点、他の国ではできない、このAGA薬のジェネリック、ではなく、コピー薬品が沢山つくられています。有名なところでは、エイズ薬のコピーなどが多く作られ、実際高額でエイズの治療を受けることが難しい発展途上国ではこの薬品が廉価なので、使われているようです。

AGA治療が保険診療外である日本でもAGA治療薬の個人輸入が盛んに行なわれ、インドのこれらのコピー薬品を使っている人もいるかと思います。アメリカのFDAはかなり基準が厳しいですが、インドの場合はどのようになっているのか未知数なので、その辺りをよく考慮して服用を始めましょう。

このサイトについて

将来の見かけに大きな違いがある、AGA治療

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。